Gray hair

白髪染めをやめるメリット

嫌で仕方なかった白髪染めをやめてもうすぐ3年。

ここではやめてよかったと感じている点について書いてみたいと思います。

伸びてきた根元の白髪が目立たない

白髪染めで髪をしっかり暗い色にすればするほど、新しく伸びてきた根元の白髪は目立ちます

白髪染めをやめて明るい色に染めることで、根元白髪の悩みはかなり軽くなりました。

こちらのBefore写真のように、根元の白髪は見えますが急いで染め直さなければいけないほどくっきりと境目ができているわけではありません。

白髪染めをしていた時は2週間で根元の白髪が目立っていましたが、ヘアカラーで明るい色に染めると6週間ほどはそのままやり過ごすことができます。

それだけで髪を染める頻度は3分の1に低減されます。

これは美容院で染めても同じで、白髪が多いのに暗い色に染めると根元が目立ち、明るめの色に染めてもらうと伸びたところが目立ちにくくなります。

明るい色にしたおかげで「染めた直後だけキレイ」ということがなくなりました。

ダメージが軽減される

根元が目立たない→染める頻度が減る、ということは毛染めによるダメージも減るということです。

白髪が増えてくる頃になると、髪自体の元気もなくなってきたり、地肌の状態も気になったりと悩みは増えます。

そんな時に頻回のヘアカラーはできるだけしたくないものです。

白髪染めをやめて実感したのは(あくまでも主観的な感想ですが)頭皮のくすみが減り、透明感が少し出たことでした。

一番白髪が多い部分は毛量が少ないと感じていたこともあり、そこに何度もしつこく薬剤を塗りつけなくてよくなったことも、白髪ストレスの軽減になりました。

髪の少ない部分がもとに戻るわけではないのですが、白髪染めを続けていたら白髪を気にする髪自体がなくなってしまうのではという不安があったので、その不安から解放されました。

あとは、白髪染め特有の髪のゴワゴワ感がなくなり、髪がサラっと軽くなったことも、予想していなかったうれしい変化でした。

時間とお金の節約

髪を染める頻度が減ると、それにかかる時間とお金も減らすことができます。

髪や頭皮のダメージが減ったかは主観的なものですが、こちらは客観的な数字で目に見えて確認できます。

2週間に1度、所要時間2時間、7000円で美容院で白髪染めをした場合、

2時間×26回=52時間7000円×26回=18万2000円

3週間に1度だと

2時間×17回=34時間7000円×17回=11万9000円

これが6週間に1度になると

2時間×9回=18時間7000円×9回=6万3000円

です。

美容院でしていた白髪染めをやめて明るめのヘアカラーにすることで、通う頻度を減らすだけでもこれだけの節約になります。

さらにこの6週間ごとのカラーを自宅でセルフでした場合、所要時間1時間、費用800円とすると

1時間×9回=9時間800円×9回=7200円

になります。

色落ち対策としてカラートリートメントを使用していますが、それもおそらく年間1万円にも満たないでしょう。

やりたくない白髪染めにこれだけの時間とお金をかけていたのが不要になり、更に髪に関するストレスが減りました。

髪色を変更できる

白髪染め最大のデメリットは、色を落とせないためそれ以上明るい色にはできないことです。

いやいや、そんなに頻繁に髪色を変えないし…、髪をそんなに明るくするつもりないし…

と思ってしまいますが、白髪は年々確実に増えていきます。

白髪が増えるほど、昔のような暗い色を保つことに無理が出てきます。

白髪染めを使っていなければ、白髪が増えてくるのに合わせて少しずつ髪をトーンアップしていくことも可能になります。

もちろん髪色を変えると印象は変わりますし、お手入れをサボると老けて見えてしまうこともあるかもしれません。

そんなデメリットはこちらの記事にまとめました。→白髪染めをやめるデメリット

それでも私自身は無理に白髪を暗い色に染めることをやめてよかったなと思っています。

白髪染めはやめたいけどうまくいくか心配、という方はぜひ美容師さんに相談してみてください。

もし私のように相談に乗ってくれる美容師さんが見つからなかった場合は、このサイトも参考になればうれしいです。

→白髪染め、やめました

-Gray hair